ガミガミ子育てから、ゆるゆる子育てへ

【無料メール&動画セミナー】「嫁が怖い」を「嫁が愛しい」に変えるシンプルな5つの法則

【無料メール&動画セミナー】「嫁が怖い」を「嫁が愛しい」に変えるシンプルな5つの法則

嫁が怖い旦那の皆様へ。家でリラックスできるように、なりませんか?

本当は写真のように、子供や妻と話をしていたい。もちろん、そんな幸せな一日だってある。子供が産まれる前は、「色々大変だろうけど、まぁ大丈夫だろう」なんて思っていたけど、子供が産まれてからは、家に帰るとこんな妻の様子をみる。

自分自身も仕事で責任ある立場になってきた。いっぱいいっぱいなんだけど、育休中の妻の話を聞こうとする。でも聞こうとすればするほど、「あんたは私のコト、1ミリもわかってない!」「もう何もしなくていい!」「こんなに大変なのに!」と、また炎上。

せめて子供の世話をしながらも、話を聞こうとしたのに、妻の言い方に腹が立つ。「一体どうすればいいんだよ!」と自分も逆上。すると、子供はギャン泣き。そして嫁は子供を抱いて、寝室に向かう。

もう、そんなに言われると、段々と話を聞く気も失せてきた。そして、仕事から家に帰るのが億劫になってきた。仕事の帰り道に、段々と嫁の怒鳴り声が心の中にズシンと響いてくる。

「また、そんな事を言われるんだったら、寝静まった頃にでも帰ろうか・・」なんて思って、嫁にLINE。

ゴメン、今日は仕事で飲みが入っちゃって、遅くなるから先に寝てて(-_-;)

またやっちゃった。けど、少し自由を得られた気がしてしまう。1人で夕飯を食べ、罪悪感との狭間で、可愛い子供の寝顔を見に帰るだけになってきた。そんな子供の寝顔を見ている自分に、嫁が一言ポツリ。

「・・・最近、忙しいんだね。いろいろと」

嫁も何か思ってるんだろう。なんだか、距離が離れていく気がする。これが家族ってもんなのかな〜。結局このまま、適度な距離といいながら、ギクシャクした家族になってしまうんだろうか・・?

5つの法則を、動画とメールでプレゼント

こんな旦那さん向けに、無料メール&動画セミナーをプレゼントします。

なぜ、プレゼントをするかというと、正に私自身が「嫁が怖い」と感じていて、嫁のヒステリック(に聞こえる)な言動に疲れていたからです。

ただ、私たち夫婦が一般的な夫婦と違ったポイントは、人の心の悩みを聞く仕事を、お互い行っていたところです。

ネットで調べたり、ママ友・パパ友と話すと、どの家庭もこうした事はあるあるネタだと聞きました。じゃあ、どうして子供が産まれてから、旦那は嫁が豹変したと感じるのか?また、嫁は旦那に◯◯して欲しい!という期待が膨らむのか?

そんな事を互いに話しながら、5つの法則にまとめました。私たちはこの法則を発見し、共有しながら、子育てをより楽しんでいて、「嫁が怖い」と感じていた私自身も「嫁が愛しい」と感じられるようになりました。(もちろん、たまには怖いとも思いますが笑)

5つの法則の一部を掲載しておきます。

より知って実践したい方は、ぜひこちらへご登録を!感想などもお待ちしております。


「嫁が怖い」を「嫁が愛しい」に変えるシンプルな5つの法則
お名前  *
メールアドレス  *

※Apple社アドレス(icloud.com、mac.com、me.com)の読者が不在になることがありますので、それらのアドレスは極力避けてご登録をお願いします。