RelationShift

30代・40代向け“人間関係超特化型”メディア

【結婚してくれない】結婚したいのに彼氏が結婚を避けている気がする・・・そんな彼氏と幸せになるには?

約 5 分
【結婚してくれない】結婚したいのに彼氏が結婚を避けている気がする・・・そんな彼氏と幸せになるには?

仲も良いし、そろそろ結婚かな。なんて、私は思っているけど、その話題になるとはぐらかされる気がする。。

こんにちわ。ミマキです。

そろそろ、結婚したい!
って、思っているあなた。
でも、彼には、何だかその気があるんだか、ないんだか・・・
仲は良いんだけど・・・
うーん。。。

そんな時に、
どうしたら、彼と次のステップに進めるか?って、気になりますよね。

wedding-rings-608782_960_720

「結婚」という選択を決断するには・・・

結婚て、
結構、人生においては、
大きなイベントですから、
「決めて、腹をくくる」って、
決心が必要なんです。

そして、
その決心の方法は、
男女で違いがあったりします。

女性は、割と一度決めたら、
なんとかなるさ!
と、思っている人が多いですが、

男性は、決心した後に、
本当に、自分にできるかな?
彼女を養っていけるかな?
と、不安が出てきてしまう人が多い気がします。

それは、
ずっと、ずっと昔から、
「男性」「女性」が担っている役割の違いやホルモンバランスの違いなんかが影響しています。
(ざっくりの知識でごめんなさい。)

特に女性は、
子供を産むと、
「恐怖を感じにくくなるホルモン」が出て、
「どんな時でも子供を守る!」という状態を環境に合わせて作っていったりします。
そんな事を昔から、受け継いでいるのが女性です。
だから、何かを決断すると強いのは女性なのかな?と個人的には思ってます。

一方で男性は、
外に出て、
生活するための糧を得てくるのが役割ですね。
(昔だと狩りをしたり・・・今だとお金を稼いでくるとか)

でも、現代社会においては、
家族を持った時、「俺は絶対にこの家族を養っていける!」と、
自信を持って仕事をしている人がとても少なくなってきている気がします。

みーんな、
不安やら不満やらを抱え、
十分と感じられないお給料で働いている。
好きな仕事をしていても、
家族を養う事と好きな事をする事は別と思っていたり・・・

そうすると、
男性的には、「決断が鈍る」わけですね・・。

それは、
あなたの彼が決断力がないというよりは、
いろんな事が影響して、
「役割を担える自信が持てない」
って、思っている男性は、
最近、多いんじゃないかと思います。

でも、その「自信がない自分=弱さ」を好きな人だからこそ、出せない・・
っていうのも、男性はあるのだと思います。
(女性は、その弱さを出してくれた方が嬉しかったりするのですが、そこはすれ違っちゃいやすいですよねー。)

cat-697113_960_720

じゃあ、どうしたら、決断を促して、幸せな結婚ができるの?

そしたら、気になってくるのが、
「どうしたら、腹をくくってくれるのか?」
その後、
「幸せな結婚が続くのか?」
という事ですよね。

それのキーワードは、
「関係性」です。

男性の多くは、
「一人で頑張らなければならない」
と、結構、
責任を背負い過ぎている人も多いです。

ですが、
「結婚する」となると、
二人の関係性が重要なわけ。

過大でもなく過少でもなく、
「この人となら、苦労もあるかもしれないけど、一緒に乗り越えていけそうだし、幸せになれそうだ!」

という、イメージを彼に持ってもらえるようなコミュニケーションをとる事が大事。

そのためには、
彼のこころを理解してあげるのがまず初め!
胃袋をつかめ!なんてことわざがあるように、
こころもぎゅっとつかんでしまうような「関係性」をつくれるあなたになれば、今よりもっと彼と幸せになっていけると思います!

しかし、中々それがうまくいかないのが、男女のすれ違いですよね。。

・・ということで、ここから旦那より一言!

そうなんですよー。やっぱり、「男=働く」というのがまだまだ強い風潮ですから、もし嫁になにかあった時に、本当に自分だけでなんとかなるのか?という不安と自信のなさが出てくるんですよね。

だからこそ「働いて欲しい」とか「派遣でもパートでもいいから外に出て欲しい」なんていうのは、不安の表れだと思います。

加えて、今自分自身がその仕事を将来ずっとやっているのか?という不安もありますよね。それが解消されないまま、結婚を迫られた時って、いや、それよりも考えたいことがあるんだ!って考えてしまいがちですね。

結局、こう思ってしまい、自分の正しさで「私とあなたはこんなカップル」って関係性を決めちゃっているんです。そこに相手は不在なんですよね。。

これが観点の問題の一つです。自分の判断基準が絶対に正しいと思ってしまうから、不安や恐怖も無意識にあって、出すことができないんです。

だから一人で悩んだり考え込んじゃったりするわけで、ズルズルと時間が過ぎてしまいます。一緒に「どうしてズレるのか?」という事を理解し合いながら進むためにも、ぜひメールレターを読んでみてください!

って、一言じゃない(汗)

いかがでしたか?

ご参考にして、彼の気持ちをぜひ聞いてみてくださいね!

最新情報はLINE@で!

記事の最新情報や、会員限定のお得な情報のご案内はLINE@で受け取れます。

友だち追加

About The Author

relationshift
「ガミガミ子育てから、ゆるゆる子育て」をする家庭を増やすために、このサイトを立ち上げました。

夫婦2組で創業し、名実ともに自分たちも「ゆるゆる子育て」を実践しています。

子育てママ力・パパ力診断で、あなたも子育て力をチェックしてみませんか?
→http://relationshift.jp/session/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)