人間関係はストレスからクリエイティブへ

How

How

考え・感情を整理する

私達が得意とするのは「あなた自身も気づいていない、考えや感情を引き出し整理すること」です。まるで見えないあなたと対話するように。

1対1、1対2の対話を通したトレーニングによってあなた自身の考えの特徴、感情の特徴を診断し、ご自身で考え・感情をコントロールすることができるところまで支援します。

私達の対話の特徴は大きく分けて2つあります。

特徴①.判断のない質問

1.判断のない質問とは?

我々は「判断のない質問」とは、「信頼関係を作る質問」と定義しています。

では、そもそも「判断」とはなんでしょうか?

判断=人それぞれが無意識に持っている判断基準のことです。

つまり「これってこういうことだよね」というあたりまえ、常識、正しさの事を言います。

また、人それぞれが持つ言葉の定義とも言えます。

よって、判断のない質問とは「自分自身のあたりまえ、常識、正しさを前提としない質問」です。

少しほぐした表現を使うと「質問する前に、答えを持たずに質問する」ということです。

部下を持つマネージャー、子育てをしている方は実感があるかもしれませんが、部下・子供は質問をされた時、上司・親の答えを無意識にキャッチします。

そうするとどうなるでしょうか?

そうなれば、その答えに合わせるか、合わせないかしかできません。

上司や親の答え(判断)にとらわれず、自由に答えられないのです。

これでは、主従関係になってしまい信頼関係は築けません。

信頼関係が築けて、初めて対話が成立し互いに変化を起こせます。

ですから、我々は判断のない質問を重視しているのです。

そうはいっても、文章だけで伝えるのは難しいので、是非お会いして体験してみて下さい。

部下を持つマネージャー、子育てをしている方は実感があるかもしれませんが、部下・子供は質問をされた時、上司・親の答えを無意識にキャッチします。

そうするとどうなるでしょうか?

そうなれば、その答えに合わせるか、合わせないかしかできません。

上司や親の答え(判断)にとらわれず、自由に答えられないのです。

これでは、主従関係になってしまい信頼関係は築けません。

信頼関係が築けて、初めて対話が成立し互いに変化を起こせます。

ですから、我々は判断のない質問を重視しているのです。

そうはいっても、文章だけで伝えるのは難しいので、是非お会いして体験してみて下さい。

2.なぜ質問が重要なのか?

最初に結論をお話すると、質問の質が人生を左右しているからです。

人間は、動物と違って考える生き物です。

人間は考え、行動します。行動の積み重ねが人生を作るので、人生は考えによって作られるとも言えます。

では考え(思考)とは、なんでしょうか?

思考は実はシンプルな仕組みでできています。

思考=質問→答え

自らの脳に質問して答えを作るのが思考です。

例えば自分自身に、「時給1000円稼ぐにはどうしたら良いだろう?」と質問をすれば、その答えを探して、アルバイトを初める行動を取り、そういった人生になります。

しかし、「年収1000万稼ぐにはどうしたら良いだろう?」と質問すれば、アルバイトはやらないはずです。

その答えを求めて人に会ったり、勉強したり、起業したり、いろいろな行動をするでしょう。そしてその人生に向かっていくのです。

よって思考の質は質問の質によって変わってしまうのです。

すなわち人生の質は質問の質によって決まるのです。

皆さんは、自分自身にどんな質問をしているのか、自覚していますか?

自覚していなければ質を上げることもできません。

自覚し、質を上げるトレーニングをする。

この繰り返しで質問の質は確実に上がっていきます。

まずは、自覚することから始めましょう!

特徴②.誰もが簡単にできる手法

私達は複雑だと言われる人間関係・コミュニケーションの領域を、最もシンプルで誰もが簡単にできる手法を開発しました。

それが、生物学(生命活動)に基づいた手法です。

1.生命活動に基づいたコミュニケーションの仕組み

我々の提供する手法は、心理学ではなく生物学(生命活動)に基づいています。

なぜ心理学ではなく、生物学なのでしょうか?

それは、心理学は「統計学」で生物学は「科学」だからです。

「統計学」は、確率で当てはまる場合もあれば当てはまらない場合もあります。

しかし、「生物学」は誰でも必ず当てはまります。

つまり、生物学に基づいた手法は、トレーニングを続ければ必ず万人が変化できるのです。

2.Defrag Dialogue

目に見えない考えや感情は、アウトプットして言語にすることで初めて自覚できます。

私達が提供する対話(Dialogue)は全て、アウトプットすることから始まります。

「アウトプット→整理→インプット」

この繰り返しが考え・感情をコントロール可能にする基本トレーニングです。

Defrag Dialogueでは1対1でアウトプット力を中心にトレーニングします。

  • 個人のお客様の成功事例と口コミ
  • 法人のお客様の成功事例と口コミ

3.RS Dialogue

考え・感情の根源を発見し、整理するDialogueです。

なぜ私はいつも同じようなことで悩むんだろう?

なぜ私はいつも同じような人間関係を作ってしまうんだろう?

なぜ私はいつも同じ失敗を繰り返すんだろう?

そんな「なぜか繰り返してしまう考え・感情・行動の根っこにある源」を発見し、整理することで自身の考え・感情のコントロール可能にします。

RS Dialogueでは1対2で整理力を中心にトレーニングします。

  • 個人のお客様の成功事例と口コミ
  • 法人のお客様の成功事例と口コミ

最新情報はLINE@で!

記事の最新情報や、会員限定のお得な情報のご案内はLINE@で受け取れます。

友だち追加