RelationShift

30代・40代向け“人間関係超特化型”メディア

【開催報告】メンバーのエンゲージメントを高めるインサイトマネジメント

約 3 分
【開催報告】メンバーのエンゲージメントを高めるインサイトマネジメント

経営者・HR・マネージャーを対象にした「メンバーのエンゲージメントを高めるインサイトマネジメント」を開催しました。

3回シリーズの最終回となる今回は、10名の方にお越しいただき、メンバーとのコミュニケーションについて、白熱した議論を行いました。

そもそもインサイトマネジメントとは?

インサイトマネジメントとは“「人間」と「人間関係」をシンプルに整理する観方”とお伝えしています。

情報過多の時代に置いて、情報をどのように整理するか?は喫緊の課題です。

我々は組織課題をどのように整理するのか?という問いに対する、一つの情報整理として、「ダニエル・キムの組織の成功循環モデル」をご紹介しています。

端的にいうと、関係性の質を向上させることで、結果の質が向上するというモデルです。

では、関係性の質・チーム力を向上させるためにはどうすれば良いでしょうか?

現代は、それを高めるための手法が数多く存在しています。ティール組織・学習する組織などが1つの例です。

しかし「なにを持ってティール組織/学習する組織と言えるのか?」といった明確な基準点について、整理している様式がないのが現状です。

すなわち、関係性の質を整理でき、向上させる法則があれば、自然と結果の質が向上していきます。

弊社は、関係性の質をシンプルに5段階に分けて、整理できる「インサイトサーベイ」を作成しました。

それにより、下記のような声を頂いています。

  • 環境や状況によって、タイプにも変化があることに気づいた。1つの軸だけで相手を認識しない方がいいことを学びました。(営業マネージャー)
  • 人のタイプのその特徴、成長のためにはどのように接していけばよいかのポイントがわかりました。(営業リーダー)
  • 関係性の5つのレベルや人や相手によりその振れ幅があることにがとても納得できました。具体的なアプローチ方法も知ることができ実践してみよう!と思えました(HRBP)
  • これまでは伝えたい事を伝えるために内容の詳細化や概略化による伝え方の工夫に力を入れていましたが、相手が受け入れてくれる状態に向けてのアプローチを知ることができました。(HR部門)
  • 仕事のレベルによって違いのある特徴を知ることが出来た(経営者)

インサイトサーベイを通して、マネジメント力・チーム力・営業力を向上させたいと思っている方は、ぜひお越しください。

次回以降のご参加はpeatixにて受け付けています。

最新情報はLINE@で!

記事の最新情報や、会員限定のお得な情報のご案内はLINE@で受け取れます。

友だち追加

About The Author

relationshift
「ガミガミ子育てから、ゆるゆる子育て」をする家庭を増やすために、このサイトを立ち上げました。

夫婦2組で創業し、名実ともに自分たちも「ゆるゆる子育て」を実践しています。

子育てママ力・パパ力診断で、あなたも子育て力をチェックしてみませんか?
→http://relationshift.jp/session/

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)