RelationShift

人間関係といえば、RelationShift

30代後半〜40代 転職・起業 人生の岐路に立つあなたへ

約 5 分
30代後半〜40代 転職・起業 人生の岐路に立つあなたへ

こんにちはヨシケンです。
私は38歳まで計4社のサラリーマンとして働き、38歳に個人事業主として独立し、40歳で起業という人生を送っています。

そして40代になって改めて思うことがあります。

それは「40代はその後の人生を左右する分岐点だ」とうこと。

そこで、先日起きた私の残念な事件を題材に、40代に今最も大切なこととはなにか?について考察していこうと思います。

20年間言われ続けてやっと気づいたこと

私と妻(リカ)との出会いは20歳の時で、今年で20年になります。
20年間で、結婚し3人の子供を授かり、転職・起業と様々な出来事が
ありましたが、その全てを隣で見てきたのが妻(リカ)です。

その妻(リカ)に出会った当初からずっと言われ続けてることが有りました。

それは「あなたは両親に甘えている」ということ。

確かにそういう節は何度か有りました。
例えば大学院まで自己借金無しで行かせてもらえたこと。
2つ目の会社で揉め事を起こし、そのフォローをしてもらったこと。
結婚式の費用や、自宅の購入費用など金銭面でかなりの援助をしてもらってること。

今あげるといくつも上がるのですが、この全てが私にとっては甘えているという
認識ではなかったのです。

それはそれは、恐ろしいくらい外から見た認識とズレていました。

しかも、この甘えている関係性は歳を取る毎にドンドンエスカレートしていました。

はじめは大学生レベルでの甘えだったのが、社会人レベルでの甘えになり、
そこから、30代レベルでの甘え、40代レベルでの甘えとドンドン大きく
なっていきます。

結果、40歳にしてどうしようもない位ヒドイ甘えた関係性を作ってしまっていたのです。

しかし、このように普段は無意識でやっているので気づけません。
でも、無意識で行うことで甘えはドンドン成長しているんです。

離婚通告を受けてやっと目が冷めた

そこで大事件が発生します。

私は今の会社で支払い関係の業務を行っています。
支払いは25日と10日に集中しているのですが、今回10日の支払いで
全く間に合わない状況になるということが5日に発覚したのです。

問題の原因は、私の中途半端な推測による準備不足でした。
しかし、根本原因は両親との関係性からくる甘えだったのです。

この事件は妻(リカ)によって発見されました。
そして、人生で一番妻(リカ)にキレられました。

「あんた会社を潰す気?、ホントやる気あんの?」
「そうやって潰して心配な存在になりたいんだったら、私は離婚するわ!」
「どうせ、こんな事態になっても私が貴方と別れないと思ってるんでしょ?
そうやって甘えてるんだよ貴方は!!いい加減気づきなさいよ!」

この時初めて、自分自身が様々な人との関係性を適当に作っていて、甘え続けて
いることに気づきました。

離婚通告を受けて初めて真剣に考える様になったのです。

そしてやっとその甘えを切って関係性を構築する決断が出来ました。

根本原因は何だったのか?

では、私がこんな関係性を作ってしまった根本原因は何だったのでしょうか?

それは両親との関係性から作り上げられた「無意識の自己規定」です。

小さい頃から体の弱かった私は、母と父に沢山の心配をされ
てきたことで、自分自身を「心配される存在」と無意識深く
規定します。

そんな私は、
心配されない存在になるために頑張る人生を送っています。

なぜなら、
心配される存在=☓であり、
心配されない存在=○だからです。

そうやって、
努力して心配されない存在になれるように頑張るわけですが、
ココに大きな落とし穴があります。

それは私が
「心配されない存在になれるように頑張ること」=
「他の人から見たら心配なこと」となっていて(!)

結果的に周りから心配される現象を
引き起こしてしまうということ(!)

そして、周りに迷惑をかけて、
心配な存在になる・・・。

最終的には、初期設定通りの関係性を作り、初期設定に戻る。
その中で大きな事件を起こし、周りに迷惑をかけて周りから心配される。

ただそれを演じるだけの人生なんです。
ついたタイトルは
「心配されないように頑張るけれど、
結局大事件を起こして心配される存在になる、
ヨシケンの物語」

いかがでしょうか?
残念すぎますよね。

気づいた今は確かに残念なんですが、最も残念なのは気付かずに「自分は大丈夫」
と思って人生を過ごしていたということ。

私は、妻が指摘してくれ、ニシカツとミマキちゃんにセッションをしてもらい自己規定を発見していたので気づくことが出来ました。

貴方は貴方の関係性の癖を指摘してくれる人がいますか?
貴方の無意識の自己規定に気づいていますか?

40代は今後の人生を左右する大きな分岐点です。
ここで自己規定に気づき、変化する人生を送るか、
それとも自己規定のまま、残念な役を演じ続ける人生を送るか、
はアナタ次第です。

もし危機感を感じ自己規定を発見したい方は、体験セッションに起こしください。

私もまだまだ変化の途中です、一緒に変化し40代の希望になれる方(笑)募集しています。

→関連記事:【ミッドライフ・クライシス】 40代の迷える男性へ

無料プレゼント

無料プレゼント

Relation Shift 4人の関係性の変化をメール講座にしました。

全部登録して読んでもらってもいいですし、興味がある物から読んでもらっても面白いと思います。

生きてきた背景も、性格も違う4人が出会ってなぜ人間関係、夫婦関係の事を仕事にし始めたのか。

興味がある方は、我々と是非出会ってみてください。

About The Author

relationshift
“人間関係はストレスからクリエイティブへ”をビジョンに、夫婦・親子・経営者・教育・福祉・医療といったカテゴリで、1:1の人間関係に悩みを抱える人に向けてセッションやセミナーを提供しています。

ビジョンをリアルなものにするため、夫婦2組で創業(知っている中では、日本初)。夫婦2組で創業した理由は、「あそこの家庭だからできることだよね」という事をなくしたいから。

私たちの強みは「目に見えない世界の客観化・標準化」です。“あぁ、だから私はうまくいかなかったんだ!”と、誰もがシンプルに理解できる技術の元、人間関係がうまくいかない理由と解決策に出会うことができます。

もう、人間関係で悩まずに、スッキリ生きたい!というあなたとお会いできることを、楽しみにしております!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)