人間関係はストレスからクリエイティブへ

【あなたの声をきかせてください】ママ・パパ向け無料モニター募集中

【あなたの声をきかせてください】ママ・パパ向け無料モニター募集中

自己肯定感が高い子は、楽しく生きる力が高い

こんにちは!助産師 / ダイアログパートナーの吉川梨香です。

  • 子供が小さな時から、のびのびと心地よく過ごせる育て方をしたい
  • ガミガミ子育ては極力避けたい
  • 子供をストレスのはけ口にしたくない
  • 夫とも話し合いをしながら子育てをしたい
  • 子供にとって家が安心の場でいて欲しい
  • 挑戦すること、新しく取り組むことを楽しみながら出来る子になって欲しい

こんな子育てをしていきたいと思っているお母さんからの相談を受けます。

どうしたらそんな子育てができるようになるのでしょうか?

断言しますと、今回募集する「出しトレ」モニターに参加いただければ、これらの悩みがすべて解決できます。

お客様の声

モニターに参加してくれた、お母さんの声を聞きました。

荒れていた子供も落ち着くように。普段何もしない夫が食事に誘ってくれた♡

宿題しなさい!勉強しなさい!片付けなさい!の三拍子をいつも繰り返しで、朝の時間は戦争状態。

ただでさえ仕事の準備をしなきゃいけないのに、宿題をやっていなかったり、プリントを朝に出されたりすると、、イライラは絶頂。

夫は何も手伝ってくれないし、部屋は汚くなるし、もうどうすればいいの!?と思うんですけど、イライラやガミガミは止まりませんでした。

アロマとかヨガとか、子育てサークルとか趣味でやってるんですけど、対話を通して、私の禁止事項をアウトプットするというのが気になって、子供のためにも、ガミガミ子育てをストップしたいなと思って受けました。

やってみると、目からウロコでした。

私がどうしてガミガミ・イライラしてしまうのかは、子供や旦那が問題ではなったし、今の私が問題だということでもないことにびっくりでした。

受けてみて変わったのは、子供の荒れ具合が少なくなったことです。

更に兄妹で協力し合いながら、家事を手伝いはじめました。

そして、普段何もしない夫が、私の誕生日に食事に連れて行ってくれ、今は地域行事も積極的に参加してくれるようになりました♡

もちろんまだまだイライラ・ガミガミはありますが、なにかを掴めた感覚です。「子供を自由にさせる」ってこういうことだったんですね。

R・Tさん 41歳・看護師 / 12歳男の子・10歳女の子・5歳女の子

旦那や両親を頼って、相談できるように。子供も笑顔が増えました。

子供に怒っちゃう自分が怖かったし、実際に子供を殴っちゃう母親の気持ちが、分かる自分もいました。

イライラしちゃいけないと思うと余計イライラして、子供は泣くし、あやすのも疲れるし、子供はかわいいのに優しくできない自分に自己嫌悪していました。

母親がなんでもやらなきゃいけない!と思っていたんですけど、対話を通して、自分の禁止事項を発見するという内容が気になって助けを借りようと思い申し込みました。

受けてみて「なんでも私がやらなきゃいけない!」という思い込みがあったことに気付きました。

気付いたら自然に、旦那や両親にうまく頼って相談できるようになりました。

あとは、母親は初めてやるのに、始めから完璧にこなさなきゃって、自分で自分を追い詰めていたことがよくわかりました。

自分がそんな状態だと、子供も追い詰めてしまうので、失敗を怖がる子に、この事を知らなかったら育てていただろうなと感じました。

ありがとうございました。

M・Mさん 33歳・専門職 / 1歳の女の子

N・Oさん 37歳・セールスレディ / 2歳の男の子
H・Kさん 42歳・セラピスト / 3児のお母さん

お父さんからの感想も頂いています。

妻と子供の距離が縮まり、家庭や職場のストレスが減りました!

嫁が変わってしまった理由が、子供が産まれたのが理由だということはわかっていながらも、正直家に帰ってイライラをぶつけてくる状態に、げんなりしていました。

家が落ち着かないと、仕事も生産性が上がらずに、悩んでいて、自分のためにも子供のためにも、楽になる手段があるならば、受けてみようと思い、モニターに参加しました。

いい意味で予想を裏切られ、自分自身にも原因があることが分かりました。

これから、もう少し嫁のイライラを気楽に受け取れる気がします。

嫁と仲良くなることで、子どもの自己肯定感が上がることにビックリしました。

職場でのストレスも少なくなり、仕事もスムーズになりました。

自己内対話をする時間もなければ、その手助けをする経験は初めてだったので、大変新鮮でした。

まるで家族の心の間取りを、客観的に整理できた気分です。

ありがとうございました。

K・Sさん 29歳・公務員 / 0歳3ヶ月、女の子

思い込みが剥がれ、子供や妻が、より大切になりました。

「こんなのあるよ。仕事の成果も上がった人もいるみたいだし、行ってきなさいよ」と妻に言われたのがきっかけです。

ダイアログをする前までは、年収も1,000万を越えているし、マイホームもあるし、子供も元気に保育園や学校に行っているし、単身赴任から帰ってきたときは遊んでもいるし、一体自分に何の問題があるんだろうか?と思っていました。

ですが、受けてみて妻がなぜ、このモニターに参加させたかの理由が分かりました。

私は、私の思い込みの中で「子供や妻とうまく行っている」ことに気付かされ、いい意味でショックでした。

妻が私にガミガミと言ってくる理由も掴めて、値段以上の価値を得られたなと思います。

仕事でも、もっと関係構築能力を身につけたいと思っていたときに受けられたのは、ある意味幸運でした。

誘ってくれた妻に感謝したいと思います。

ありがとうございました。

K・Tさん 38歳・営業マン / 11歳男の子・8歳女の子のベテランパパ

満足度96%以上の理由は科学的に「自己肯定感」を高められるから

なぜ、このような満足感をいただけるのでしょうか?

解決のカギは「自己肯定感」にあります。

文科省では、自己肯定感と学力の関係性を調査し、自己肯定感が高い子供は学力が高いという結果を発表しました。
(参考:自己肯定感高い子は成績優秀 文科省分析)

では、自己肯定感を持たせるために、どんな工夫が必要なのでしょうか?

最近は「声かけ」「みまもり」といった手法が流行っていますね。

例えば「なんでご飯食べてくれないの?」と「理由」を聞くのではなく「どうしたらご飯食べられるだろうね?」と「方法」を聞くなどのハウツーです。

一見、ニュアンスも柔らかくなって良さそうに聞こえます。

しかし深掘りすると、どちらも「ご飯を食べてくれない」という事に対して否定していることが分かります。

  • なんでご飯食べてくれないの?(ご飯を食べてくれないから、食べなさい!)
  • どうしたらご飯食べられるだろうね?(ご飯を食べてくれないから、食べて欲しいなぁ!)

あなたも幼い頃、親の「なんで◯◯しないの!?」「どうしたら◯◯してくれるの!?」という言葉に不安になった経験はありませんか?

このように子供たちは、親の心の声を拾うのです。

お母さん自身の心の声に耳を澄ませる

では、どうしたら自己肯定感の高い子に育てられるのでしょうか?

その方法は意外にも、お母さん自身が心の声をアウトプットする習慣を持つことなんです。

え?私?と思うかもしれません。

男尊女卑がまだ根強いと言われる日本では、お母さんであるあなた自身の、本当の心の声をアウトプットする機会やタイミングがなさすぎます。

  • 子供を叱ってはいけない
  • ガミガミ言ってはいけない
  • 家計も考えないといけない
  • ちゃんと3食、手料理を作らないといけない
  • 義理両親にも安心されるような子に育てなければいけない

など。

「こんなことを思ってはダメだ」「こんなことを言ってはいけない!」と自分自身の禁止事項の箱に、何重にも鍵をかけていませんか?

鍵を掛けていますが、実はその中身が心の声として、子供には聴こえています。(旦那さまは気づいていないことが多いのですが(^_^;))

そんな事を言っても、お子さんに出すことはできないですよね。

ですから、禁止事項の多い日本で、さらに禁止事項を持ちがちな環境にいる、お母さんの心の声を別の誰かにアウトプットして、スッキリする毎日を送ることで、解消されていきます。

それが、私たちが開発した「出しトレ」です。

出しトレの効果

出しトレを受けると、こんな効果があります。

  • ガミガミ言う前に自分で消化できるようになる
  • 子供ともっと仲良くなれる
  • 子供の可能性に目を向けられるようになる
  • 子供が言わなくても自分たちで気づいて変化するようになる
  • 兄弟同士が仲良くなる
  • 子供達の喧嘩が少なくなる
  • 家庭の自己肯定感が高まる

他にも様々な効果があります。

出しトレの内容

出しトレは、ダイアログパートナー1名と、あなたとの1:1で行います。

  1. 悩みを3つ出す
  2. その中から掘り下げたい悩みを1つ選択する
  3. その悩みに対して、自身が感じていること、思っている事を出す
  4. 出した後の気付きや感想をシェア
  5. 心の中にあるものの整理方法を知る
  6. 診断シートをプレゼント
  7. 次回のご案内

このような流れを90分程度で行います。

3月まで、無料モニターを10名募集中

ただ今、出しトレのモニターを募集しています。

あなたの本当にある心の声を出して、ぜひ今後の参考にさせてください。

日本中で、本当の心の声が出せず、悩んでいるお母さん方の一助に、あなたの声を聞かせてください。

よろしくお願いいたします。

私たちの強み

私達の強みは3つあります。

  1. 主観的になりがちな人間関係の領域を、科学的で客観的な見地に基づいてアプローチしています。
  2. 実績や経験豊富なダイアログ・パートナーによる対話の支援ができます。
  3. 夫婦二組で経営をしており、家族のことや仕事のことを共有し、四六時中、夫婦関係・子育てのことに向き合っています。

経験・実績豊富なダイアログ・パートナー

写真左から

  • 吉川健一:トップセールスを何度も獲得した営業マン、30代〜40代ビジネスマンへの相談実績
  • 吉川梨香:助産師、30代〜40代子育てママへの相談実績
  • 西勝美真紀:理学療法士、20代〜30代婚活準備&子育てママへの相談実績
  • 西勝譲:人材コンサルタント、20代〜30代ソーシャルワーカーへの相談実績

それぞれ特性を持ちながら、プロとして活躍しています。

あなたのご相談内容に合わせて安心して、お選びください。

現役保育士さんも推薦!

【揺るぎない愛着関係の築く力を教えてくれる】

RelationShiftさんを推薦します。なぜならば「子どもと仲良くなる力」が育まれるからです。

赤ちゃんは産まれて、“お腹がすいた、眠い”など不快な気持ちを泣いて知らせます。パパママはその不快さを取り除いてあげますよね。すると“この人たちは、自分の不快さを取り除いてくれる人なんだ”と赤ちゃんは認識し、段々と信頼感が育まれていきます。

更に成長していくと、人見知りが始まり知らない人を見ると泣いたり不安そうな表情を見せます。パパママと愛着関係が育まれている証拠です。この愛着関係は成長と共にどんな人とも結ぶことはできますが、親子の愛着関係はどの愛着関係よりも長く築かれます。

愛着関係がどんな状況によっても変化しない確たるものになったらどうでしょうか?親子関係、夫婦関係、家族関係、あらゆる関係性が変化していきます。それを可能にさせるサービスがRelationShiftにはあります!

「子どもと仲良くなる力」=「愛着関係」揺るぎない愛着関係を築きたい!その想いに必ず応えてくれるのがRelationShiftです。

都内保育園勤務、ひかさん

よくあるご質問

Q.料金はいくらですか?

A.通常15,000円ですが、3月まで無料でモニターで参加できす。

Q.モニターでは、どんなことを話すのでしょうか?

A.ご自身の悩みをお話していきます。出したくないところは出さないでもちろん大丈夫です。

Q.夫婦で一緒に診断を受けたいのですが・・

A.基本的に診断は、お1人で受けるのが原則となっています。

そのため、1名ずつ受けていただき、その後、共有の時間をお作りします。ご夫婦でいらっしゃる際は、その旨、申込みフォームの備考欄にご連絡ください。

Q.子供を預けることはできますか?

A.申し訳ありませんが、預かることができません。オフラインが難しい場合は、オンラインでの申込みが可能なので、是非ご利用ください。

Q.場所を教えてください。

A.基本的にはオンラインを推奨しています。対面ですと、弊社青山オフィスビル内近くの会議室です。青山一丁目より徒歩1分です。また、会議室の使用料として、3,000円を頂戴します。

Q.モニター実施後、なにかの案内はありますか?

A.「ゆるゆる子育て」を実践していくための、継続ダイアログのご案内をしておりますが、案内については、受けた当日〜1週間後までに返答を頂いています。

Q.継続ダイアログの値段は、いくらですか?

A.1回60分、15,000円〜30,000円のコースまでございます。詳細は受けた際にご質問ください。

詳細について

  • 場所:オンライン or 青山オフィス
    • 場所・接続方法の詳細は申込頂いた後に事務局よりご案内します。
  • 料金:15,000円(税別)(モニター価格無料 / 2019年3月末日まで)
  • 時間:90分
  • 日程:ご希望の時間帯を3つお送りください。
    • 継続セッションを行っている方を優先して、日程は埋まっていきますので、お早めのお申込みを推奨します。

さいごに

吉川梨香です。最後までお読みいただきありがとうございました。

私は3人の子供を持つママでもあります。

私自身、ガミガミ子育てが止まらずに「私はなんてダメな母親なんだろう」と悩んだ時期がずっとありました。

そんなときに、出しトレの元となる技術と出会い、夫や今のメンバーと一緒に、楽しく乗り越えてきました。

そこで感じたことは、自分一人で抱えずに出すことの大切さです。

私の家は両親が教師で、日々忙しく中々自分のことを話す機会がありませんでした。

そしていつの間にか、正解ばかりを探すようになり、間違えてしまう自分や、自分の子供にも×をしていたんだと、出しトレを通して気付いていきました。

気付くと不思議なもので、子供達は進んで家事を手伝い、宿題もテキパキと行っていきました。

夫は私以上に育児に積極的になり、今ではとても頼もしい存在です。

この変化は私も驚きでした。

あんなに悩んでいたことが、ただ私が気付いただけで、家庭が変わるなんて。。

そんな驚きをあなたにも体験していただきたいし、もし感動してくだされば、多くの人に知らせて欲しいなと思っています。

子育ての力で、世界が変わるような未来に向けて一緒に頑張りましょう。

ぜひ、出しトレモニターであなたの声を聞かせてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

これからも、よろしくお願いいたします。

最新情報はLINE@で!

記事の最新情報や、会員限定のお得な情報のご案内はLINE@で受け取れます。

友だち追加