RelationShift

人間関係は“ストレス”から“クリエイティブ”へ

仕事と家事(家庭)と、私たち。

約 3 分
仕事と家事(家庭)と、私たち。

新しい仕事と家庭と夫婦像ってなんだろう

こんにちわ。ミマキです。

私たちの世代って(20-30代)、
女性もある程度、男性と同じように働いています。

でも、
男性は、女性と同じように家事をしているのか??

と、いうと、うーん。。。

となりますね。

男性からは、
女性より、男性の方が仕事を頑張っているんだ!と言われそうですけど・・・

そういったやり取りはおいておいて、
新しい、仕事と家事と夫婦像を考えてみようかななんて。

人って、
文句を言いたくなったり、
愚痴を言いたい時って、
なんというか、
自分が満たされていない事が基本ベース。

女性からみたら、
女性も昔より仕事に出ているのに、
家事は女性ばかり。

男性から見たら、
俺の方が、
長い時間働いているとか、
ポジションのある地位についているとか。
はたまた、稼ぎがいいとか。

この仕事と家事、家庭の配分って、
なんで、夫婦毎に変えちゃいけないんすかね?笑

何か、
世間的に、
女性はこのくらい家事をして、
仕事はこのくらい。

こういう地位の人は偉くて、
家事はしなくていい。

誰が決めたことなんだろう( ´ ▽ ` )ノ

それが当たり前???

いやいやいや・・・

当たり前に縛られていたら、
幸せにはなれないし、
文句もストレスも減りません。

だって、
誰にいつ、決められたか分からないルールに従って生きているんだから。
しかも、自分では気づかないうちに。

そりゃ、文句も出ますって。

だからって、
そのルールを作った人と敵対しろって事ではなくてですね。

みんなが楽しめるルールを自分で作れるようになる事ですな。
そして、もう必要ないなと思ったら、それを止められる事。
そして、夫婦間で、話し合いができる事。

でもこれが難しい。
だって観点の問題って人間が生まれてから500万年間やってるしね。

でもそんなに大げさな事じゃなくていいんです。
まずは知ってみるところから。
仕事と家事(家庭)と私たち。

夫婦の間で、どんなルールがあったら、
みんなが幸せになるのでしょうか〜^^

みんなが楽しめるルールの第一歩を知りたい方はメールレターへ!

About The Author

relationshift
“人間関係はストレスからクリエイティブへ”をビジョンに、夫婦・親子・経営者・教育・福祉・医療といったカテゴリで、1:1の人間関係に悩みを抱える人に向けてセッションやセミナーを提供しています。

ビジョンをリアルなものにするため、夫婦2組で創業(知っている中では、日本初)。夫婦2組で創業した理由は、「あそこの家庭だからできることだよね」という事をなくしたいから。

私たちの強みは「目に見えない世界の客観化・標準化」です。“あぁ、だから私はうまくいかなかったんだ!”と、誰もがシンプルに理解できる技術の元、人間関係がうまくいかない理由と解決策に出会うことができます。

もう、人間関係で悩まずに、スッキリ生きたい!というあなたとお会いできることを、楽しみにしております!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK