ガミガミ子育てから、ゆるゆる子育てへ

新しい習慣をなかなか身につけられないたったひとつの理由。

約 3 分
新しい習慣をなかなか身につけられないたったひとつの理由。

変化を嫌っているのは誰だ?

こんにちわ。ミマキです。

会社を経営していたり、
部下に指導していると、
自分が当たり前にできている事が出来なかったり、
目標計画を立てても、それ通りに実行出来なかったり・・・

新しい習慣を身につけるのは、
とても根気のいる作業です。

そして、それとは、対になるように、
いつ習慣になったか分からないクセは、
人はやめる事が出来ないのです。

例えば、食生活や歩き方、箸の持ち方など、
変えようと思うと、
こちらも、
かなりの根気と努力が必要なのではないでしょうか?

人は、なぜ、
新しい習慣を身に付ける事、
裏を返せば、既に習慣になってしまったものを辞める事が、
難しいのでしょうか?

その答えは、人間なら誰でも持っている「脳」にあります。
脳は、実は、変化を嫌い、慣れ親しんだモノを好みます。

その機能は、
日常生活で多いに役に立っているところもあります。
例えば、
皮膚の細胞はずっと、皮膚の細胞を作り続けます。突然、胃の細胞になったりしません。
また、コップや歯ブラシの名前、使い方など、一度、覚えたら、頭で考えなくても使えます。

これが、毎日、量子力学的に変化してしまったらどうでしょう?
皮膚の細胞が突然、胃の細胞になったり、歯の細胞になったりしている。
コップがなんなのかを、朝、起きたら忘れている。
ご飯の食べ方を忘れている。
手足の使い方を忘れている。

生活を送ることもままならない事になるでしょう(汗)

同じモノを作り続ける機能、
同じ事をルーチンで繰り返す機能は、
当たり前ですが、実は、日常で大いに役にたっているのです。

しかし、この機能は、
新しい事にチャレンジしたい!
自分を変化させたい!
新しい習慣を身に付けてほしい!

という事を、
意識的に考えるようになった時には、
最も大きな障壁のひとつになってしまうのです。

なぜならば、
既に習慣付いてしまっているものは、
無意識で反射的に実行していているものであり、
無意識であるが故に、
意識では変えられません。

まずは、無意識を意識化し、
なぜ、その習慣を自分自身がもったのか?という、出発を発見しなければなりません。

そのスタートを分からずして、終わりを見つける事は不可能です。

古い習慣を終わりに出来なければ、新しい習慣を身に付ける事は、
難しそうだなと感じて頂けたら幸いです。

私達RelationShiftでは、人間関係、特に夫婦関係の古い習慣を見直すことを日々しています。
そうしながら、同じ人と新しい出会いをし、新習慣を共につくって関係性の質の向上を行っています。

具体的に、古い習慣が何で、何を取り入れて、新しい習慣を始めたのか?ということは無料のメール講座に書いてありますので、読んでみて下さいね。

LINE@はじめました!

  • 「もーなんでやらないの!もー、あなたたち!」って怒ったら、子供に「またママ牛になってる〜」って言われた。本日10回目。
  • ガミガミ子育て、いつになったら終われるの?
  • そんな、変わり果てた妻をみて、困り果てたおどおど夫のあなたも

まずはモヤモヤを吐き出してみませんか?

友だち追加

無料プレゼント

無料プレゼント

こんにちは。吉川梨香です。

私はいい母、いい妻を演じて子育ても旦那とのコミュニケーションも頑張っていました。

だけど、いつからかそんな頑張りが「ガミガミ子育て」へとつながり、旦那との関係もギクシャク。

一時は冷え切った関係となってしまった私が、子育ても旦那と協力して、色々あるけど、ゆるゆる子育てになって順調。今は40歳で旦那に再び恋されるような関係に変わりました。

そんな恥ずかしいストーリーをあなたにお贈りします。何かの参考になれば嬉しいです。

About The Author

relationshift
“人間関係はストレスからクリエイティブへ”をビジョンに、夫婦・親子・経営者・教育・福祉・医療といったカテゴリで、1:1の人間関係に悩みを抱える人に向けてセッションやセミナーを提供しています。

ビジョンをリアルなものにするため、夫婦2組で創業(知っている中では、日本初)。夫婦2組で創業した理由は、「あそこの家庭だからできることだよね」という事をなくしたいから。

私たちの強みは「目に見えない世界の客観化・標準化」です。“あぁ、だから私はうまくいかなかったんだ!”と、誰もがシンプルに理解できる技術の元、人間関係がうまくいかない理由と解決策に出会うことができます。

もう、人間関係で悩まずに、スッキリ生きたい!というあなたとお会いできることを、楽しみにしております!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)